1. 営業先の人にメールを開封してもらうためにやっておきたいメールの件名の工夫の仕方

営業先の人にメールを開封してもらうためにやっておきたいメールの件名の工夫の仕方

 営業する時には、様々な方法を使って相手にアプローチをかけると思います。その一つがメール。しかし、メールは相手にきちんと読まれるかが分かりません。相手に目を通してもらうために、メールの件名の書き方で意識すべきことをまとめました。

①件名で内容が分かるようにする

 件名を見た時点でそのメールにはどんなことが書かれているのかが理解できるようにしておくことが大切です。たくさんメールが届くような人の場合、件名で内容が分からないと後回しにされてしまったり、きちんと読んでもらえないことがあります。件名で読み手を焦らす必要はありません。「このメールを読んだらこんないいことがありますよ」ということを件名に書くようにしましょう。

②奇抜である必要はない

 件名で目立たせようと奇抜な文章にする必要はありません。メールの内容を端的にまとめたことを書けば良いのです。

③相手に期待する行動を明記する

 ①に近いものがありますが、そのメールによって自分が何を求められているのかが分かるようにしてあることもメールを見てもらうためのポイントです。件名に「【要返信】次回の面談について…」のように書かれていれば、「返信しなければいけないから見なければ」という気持ちになります。

 営業先に対しても、相手にそのメールを見た後にどのような行動を期待しているのかを書いてあげると、メールを開封することへのハードルが下がります。

 メールの件名は、本でいう表紙です。相手が「開きたい」と思わせるようにちょっとした工夫を取り入れるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する