1. 上がり症の人が意識すべき話し方!どうしても緊張する人はこれに気をつけよう

上がり症の人が意識すべき話し方!どうしても緊張する人はこれに気をつけよう


 上がり症の人にとって慣れない相手との会話はかなり緊張するものです。「リラックスして」と言われてもなかなか意識してできるものではありません。今回はそんな上がり症の人が意識脛気話し方のコツを紹介します。

相手の顔を見る

 下を向いてこもった声でしゃべっていると相手に悪い印象を与えてしまいます。上がり症の人にとってつらいことだとは思いますが、相手の顔をしっかり見て話しましょう。きちんと前を見ることで発声もよくなりますし、表情を見てのやり取りもできるので繊細なコミュニケーションが可能になります。

一文ごとに間をおいてみる

 上がり症の人がやりがちなのが早くしゃべりすぎてしまうことです。特に初対面の人と話すときは普段よりゆっくり話すよう心がけましょう。そのためにやってほしいのは、一文喋ったら頭の中で一拍置くことです。しゃべり終わるごとに頭の中で「うん」と言ってから話してみてください。そうすれば次に話す内容も考えられるし、早くしゃべりすぎていると思ったら修正しようと思うこともできます。


 良くも悪くも、話し相手はそこまであなたのちょっとした話し方にそこまで注目しているわけではありません。あまり大きく考えずに、「ちょっと話してみるか」くらいの意気込みがちょうどよいのかもしれません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する