1. 営業における正しいメールでの打ち合わせの仕方

営業における正しいメールでの打ち合わせの仕方


 営業マンにとって、メールの作法を覚えておくことは重要です。特に、日程調整などの打ち合わせが内容にある場合は、正確かつ丁寧な内容を心がける必要があるようです。では、具体的にはどのように書けばよいのでしょうか。

打ち合わせだとわかる件名に

 メールを頻繁に使っている営業マンだと、ついいつも使っているものを引用して件名を書いてしまうことがあるかもしれません。打ち合わせのメールでは、必ず件名に「日程調整の件」「打ち合わせについて」などを明記しておくようにしましょう。

一往復で終わるようにする

 一度のメールで相手が日程を調整できるような内容にしておきましょう。重要なのは、自分にとって 都合の良い日にちだけでなく都合の悪い日にちも書いておくというところです。加えて、細かい時間も提示しておきましょう。3パターンほど日時を提示しておいて、相手に選んでもらうというのも効率の良いやり方です。気をつけるべき点は、相手の都合をあらかじめある程度予測しておかないと失礼だととられ、逆効果になってしまうこともあるというところです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する