1. ビジネスで電話の応対の際に付ける敬称のマナー

ビジネスで電話の応対の際に付ける敬称のマナー


敬称を付けない人物・企業

 敬称を付けなくてもよいのは自分の会社や自分の上司などを会話中に出す場合です。自社の人間や部署に敬称を付けてしまうのはマナー違反ですし、相手も違和感を受けてしまうでしょう。自分と同じ所属の人は敬称を付けないとおぼえておきましょう。

敬称を付ける人物・企業

 敬称を付ける人物や企業は、自分の企業に属さない人です。特に、通話している人にはしっかりと敬称を付けるようにしましょう。手紙では「殿」や「御中」をつけますが、電話での敬称は団体や個人関係なく「様」に統一し、「〇〇様」「株式会社△△様」と呼んでしまっていいでしょう。



 ここでは、ビジネスでの電話応対で敬称を付ける時のマナーを紹介しました。身内の人間は敬称を付けず、通話相手や他の企業には敬称を付けるようにしましょう。正しい言葉遣いで電話応対ができるようにしっかりマナーを守りましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する