1. うまくいかないときに振り返りたい営業電話を次に繋げるための基本的な仕方

うまくいかないときに振り返りたい営業電話を次に繋げるための基本的な仕方

 営業マンの多くは電話でのアポをとることも多いでしょう。テレアポがうまくいかないと感じている営業マンもいると思います。今回は、電話でのアポ取りの時に次に繋げるための会話術をご紹介します。

相手の都合を必ず確認する

 相手の手が今空いているのか確認せずに本題に入る人がいますが、マナーとしてよくありません。突然電話しているため、今話ができる状態かを確認する必要があります。相手のことを考えずに話を進めてしまうと、次に繋げるどころかその場で話を遮られて切られてしまうことも起こりえます。

担当が不在でも諦めない

 電話をした時に担当が不在だと言われてすぐに切ってしまう人もいると思います。しかし次に繋げようと思ったら、そこでもう一歩押す必要があります。担当の名前を聞いておくだけでも次に電話がしやすくなるでしょう。また、いつなら電話しても都合がいいかなども確認しておくだけで、次に電話する時のハードルが一気に下がります。

質問されたらチャンスだと思う

 自分の話していることに興味がなければ疑問もわかないため、質問してくることはほとんどありません。相手が電話で質問してくるということは少なからず興味を持ってくれているということです。質問された時に「めんどうくさいな」と思ったり答えられる自信がないと諦めていると次に繋げることはできません。そこできちんと答えられれば会ってもらえる可能性も高まります。自信がない場合は前もって話すことをまとめておくなど準備が必要です。

 基本的なことかもしれませんが、これを繰り返すことで成果を出すことができます。うまくいかないという時こそ基礎を振り返る習慣をつけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する