1. ビジネスで電話を保留するときの時間のマナー

ビジネスで電話を保留するときの時間のマナー


保留が許される時間の長さ

 電話がかかってきた時は担当者を探すために「少々お待ちください」と保留にしがちですが、保留で許される時間の長さはおよそ30秒程度を考えていいでしょう。人によっては1分までは許せるという方もいますが、1分待たせるとかなりのストレスを感じてしまうでしょう。保留の時間は極力短くするように心がけましょう。

保留する前に考えたいこと

 保留で待てる時間がわかると、保留をする前にどれ位時間がかかるかを逆算して求め、時間に合わせて行動することが出来るでしょう。もし、仮に30秒ではとても済まなそうな用件だった場合は、「お時間がかかりそうなので、こちらから折り返し電話致します」と提案し、相手の名前や会社名と電話番号を確認するようにしましょう。



 ここでは、ビジネスでの電話の保留時間のマナーを取り上げてみました。保留時間は30秒までと考えておき、それ以上掛かりそうな場合は保留せずに折り返し電話するようにしましょう。ビジネスシーンでの電話応対の参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する