1. 見やすいスライドとはどんなもの?プレゼン資料が出来上がったらチェックすべき点

見やすいスライドとはどんなもの?プレゼン資料が出来上がったらチェックすべき点



 見やすいプレゼン資料とはどのようなものでしょうか?ちょっとしたことに気を付けるだけでもスライドの見やすさは格段に上がります。あなたのスライドを一段見やすくするためにチェックすべき点を紹介しましょう。

統一感はありますか?

 スライド全体をもう一度見直してみてください。あなたのスライドに統一感はありますか?フォントや配色、タイトルの位置など。これらが微妙に違うと観客は落ち着いてプレゼンを見ることができません。スライド全体から感じさせる雰囲気はかなり重要です。スライドマスターなどを使ってこれらが最初から最後まで食い違わないようにしてください。

文字量は多くないですか?

 スライドは1枚当たりの情報量が多ければ多いほど見づらくなります。特に文字は少ないほど見栄えが良くなります。そのためには語尾や句読点を除いた箇条書きが有効です。また、「だから」や「しかし」などの接続詞も「→」などの記号で代用しましょう。少ない文字で最大限のインパクトが出せるのが見やすいスライドです。


 スライドは必要最低限の情報量が望ましいですが、その分あなたの話術が重要になります。スライドが出来上がったら、きちんと内容を伝えられるように練習することも忘れないでください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する