1. 失礼のない電話営業で成果を出すためのコツ

失礼のない電話営業で成果を出すためのコツ


 営業マンにとって、電話営業もひとつの手段です。しかし、時間帯や回数、相手との関係などで失礼だと思われやすいという特徴もあります。では、電話営業を上手く行うために気をつけておくべき点はどのようなものなのでしょう。

重複勧誘に気をつける

 例えば保険営業だと、既に加入している顧客に対して勧誘することは相手にとってかなり失礼です。営業電話をいれる前に、まずその顧客が本当に新規なのかという点は必ずチェックするようにしてください。

安易に代わってもらおうとしない

 営業電話でよくあるのが、「ご主人様はいらっしゃいますか?」など、すぐに代わってもらおうとするものです。これは、あなたに言ってもわからない、と言っているようなものなので、失礼と思われる可能性があります。子どもでもない限り、まずは電話に出た人に対して簡単に説明しておきましょう。そこで、相手が自ら別の人を呼んでくれれば失礼に値することはまずないでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する