1. 営業の担当が交代したときの正しいメールの書き方

営業の担当が交代したときの正しいメールの書き方


 異動などによって、営業先の顧客に対する担当が変わることはよくあることです。そういった際vには営業先にメールを送る必要があります。そこで、今回は担当者が交代するときのメールの書き方を紹介していこうと思います。

序文の書き方

 序文では相手によってどの程度丁寧な文章にするかを考えて2つの中から選びましょう。

○大変お世話になっております。

 これは少しラフな挨拶です。

○平素は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。

 少し堅い文章にしたいときはこちらを使いましょう。他にも例はありますが、基本的にこの2つを使い分けていれば問題ないと思います。

新しい連絡先を忘れずに

 担当者が変わったということは、個人の連絡先も変わったということです。注意すべきなのは、会社の連絡先だけを載せてしまわないようにすることです。しっかり、個人の連絡先まで載せておけば、相手が混乱することはないでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する