1. 名刺を財布にいれて保管している場合に気を付けたいマナー

名刺を財布にいれて保管している場合に気を付けたいマナー


名刺を財布に入れている場合の注意点

 名刺を財布に入れている場合の注意点としては、まず、汚れや折り曲げがないかどうかを日頃からチェックする必要があることです。汚れや折り曲げが目立つ名刺を交換することは失礼です。きれいな状態の名刺を保管するようにしましょう。

名刺交換の際に気を付けたいこと

 名刺交換の際ですが、財布から名刺を取り出して交換するというのは絶対にやってはいけません。相手に与える印象を大きく下げてしまいます。もし、財布にしか名刺がないような場合は、名刺を事前に財布から取り出し、名刺を裸の状態で持っている方が、財布に入れているよりはマナーとして良いです。予備で財布に入れている場合でなく名刺入れをもともと持っていないという人は、マナーですので名刺入れを買って持ち歩くようにしましょう。



 ここでは、財布に名刺を入れているときに気を付けたいマナーについて紹介しました。財布はあくまでも名刺を切らしてしまった時の予備と考え、メインの名刺入れとして利用するのは避けましょう。財布に名刺を入れている方は参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する