1. 先にだすのはどっち?名刺交換の順番のマナー

先にだすのはどっち?名刺交換の順番のマナー


名刺交換の順番の原則

 名刺交換の順番の原則として、先に出すのは目下の人からというマナーがあります。役職が低い人が率先して名刺を交換するようにしましょう。

複数で交換する場合は例外

 複数で交換する場合は原則通りではなく、役職の高い人から順に交換をしていきます。例えば、部長と係長と平社員の組み合わせ同士が対面して名刺交換をする場合は、部長と部長がまず最初に名刺交換を行い、順番に下る形をとります。

目上の人に先に名刺を出されてしまった場合は

 目上の人に先に名刺を出されてしまうというシチュエーションもあるでしょう。そうした場合は、戸惑って交換をためらうのではなく、「お先にいただいて申し訳ありません」という言葉とともにまずは名刺をもらってしまい、その後で自分の名刺を差し出しましょう。



 ここでは、名刺の交換の順番の中で、誰が1番先にだすのかに焦点を当ててマナーを紹介しました。個人のときは目下から、団体のときは目上の人からとおぼえておくとマナー通りの名刺交換が可能です。ここで紹介したマナーを活かし、名刺交換で相手に失礼のないような行動を目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する