1. 営業マンが新規顧客に電話でアポを取る時に押さえておきたい3つのポイント

営業マンが新規顧客に電話でアポを取る時に押さえておきたい3つのポイント

 営業マンがどこかに訪問しようと思ったら、まずは電話でアポを取ることが多いと思います。今回は新規の顧客に電話するときのポイントをご紹介します。

顧客ごとに異なる台本を準備

 顧客ごとに求めているものは異なるでしょう。そのため、どんな話をするかどうかは顧客ごとに変えることが必要です。その時に必要になるのが顧客の前以上法です。相手がどのような会社でどのような問題を持っていそうなのか、仮説を立てて電話をすることが必要です。また、相手がどのような反応を返すか、その時にどのように対応するかを考えておくことで落ち着いて話をすることができます。

一回で諦めない

 電話した時に担当者が不在だと言われることもあるかと思います。そこで諦めてしまうのはもったいないです。その時にアポを取るということは考えず、担当者の名前を聞いたりいつ電話したらいる可能性があるか、など次につながる情報を得るようにしましょう。

内容は端的に

 電話では、相手はひたすら声のみで説明を受けることになります。そのため、複雑な話を回りくどく話されると理解することを放棄してしまったり、面倒くさいという感情を与えてしまいます。難しい話は会ってからということにして、電話での会話ではなるべく短く端的に伝えるようにしましょう。1分を目安に自分の話したいことをまとめておくといいと思います。

 電話での営業ではいかに次に繋げられるかが重要になります。ぜひ上の3つのポイントを意識してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する