1. 電話での営業で契約を取るために絶対押さえておきたい3つのコツ

電話での営業で契約を取るために絶対押さえておきたい3つのコツ

 多くの場合、営業で契約を取る時には対面であると思います。しかし、電話で契約を取らなければならないこともあるでしょう。今回は電話で契約を取る時のコツをご紹介します。

①タイミングを読む

 電話で契約を取ろうと思ったらタイミングは非常に重要になります。どんなに相手に興味があっても、ちょうど忙しい時間に電話がきたらきちんと話もできずに切られてしまうこともあるのです。そのため、相手はどの時間帯が一番都合がいいのかをきちんと考えることが必要です。時間帯を意識するだけでも電話での成約率は上がるはずです。

②言葉遣いに最新の注意を払う

 電話では、自分のことを判断できるのは声と言葉遣いだけになります。そのため、対面で会っている時よりもずっと言葉遣いには慎重になる必要があります。きちんとした敬語が使えなかったりするだけで話を聞く気が失せてしまう人もいるため、自分の言葉遣いが電話営業する上で正しいものかどうか周囲の人に確認してもらうようにしましょう。

③話す内容は前もって考えておく

 話す内容を前もって決めておき、相手が電話に出たらできるだけ端的に言いたいことを伝えるようにしましょう。ダラダラと説明されると相手はうんざりしてしまいます。最初のうちは「こんな切り返しがきたらこう返す」のようにパターン化しておくこともおすすめします。

 電話で契約を取ることは、もしかしたら対面で契約を取ることよりも難しいかもしれません。しかし、少し意識することで成約できる可能性をグッと上げることができます。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する