1. ビジネスで名刺を下から出す場合のマナー

ビジネスで名刺を下から出す場合のマナー


ビジネスで名刺を下から出す場合のマナー 1番目の画像

名刺を下から出すシチュエーション

 自分の名刺を相手が出したよりも下から出すシチュエーションとしては、大きく2つあります。1つ目に、自分がその人よりも役職や年齢が低い場合です。2つ目に、自分が相手の企業に赴いて名刺交換をする場合です。名刺を下から出す場合は、相手に敬意を払っているという気持ちを表すために行っていると意識しましょう。

名刺を下から出すときの渡し方

 名刺を下から出す時の渡し方ですが、相手に向かってまっすぐ下から差し出してはいけません。相手はびっくりして戸惑ってしまうでしょう。正しい渡し方は、放物線を書くようにしてゆるやかに相手の下に潜り込ませるように差し出すという方法です。



 ここでは、名刺交換の際に下から差し出すときのマナーとして、シチュエーションと差し出し方を紹介しました。しっかりと下から差し出す場合を意識して、正しいマナーで名刺交換ができるように心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する