1. 営業先に電話するのに絶対にかけてはいけない時間帯とは

営業先に電話するのに絶対にかけてはいけない時間帯とは

 営業として働く時には相手を中心に考える姿勢が大切になります。今回は営業先に電話する時にふさわしくない時間帯をご紹介します。

朝一番は避ける

 緊急の用事や大切な要件の場合を除いて朝一番に電話をかけるのは避けた方がいいでしょう。相手もその日の業務の準備でバタバタしていることが多いです。そんな時に電話がかかってくればイラッとしてしまうことも。どうしても朝一番に電話をする必要がある時にはそのことを詫びる一言を添えるようにしましょう。

相手の営業時間外

 明らかに営業時間外だと思われる時間帯やお昼休憩の時には電話をすることは避けましょう。休憩中に仕事の話をされて嬉しい人はいません。12時〜13時周辺はお昼休憩を取っている人が多いため違う時間にかけることをおすすめします。

相手の繁忙時間

 これは業種によって異なるため具体的には言えませんが、電話する相手が忙しいと思われる時間帯は避けるようにしましょう。例えば飲食店であれば夜19時位から繁忙時間帯に入るはずです。そのような配慮も行うようにしましょう。

社長相手は午後はNG

 電話する相手が社長である場合は午前中に電話するようにしましょう。多くの場合社長は午後外出してしまいます。スムーズに社長に話をつなげるためには午前中の方がいいと思います。

 電話する時間を配慮するだけでも相手の反応は大きく変わってくると思います。お互いの時間を効率的に使えるように、時間帯も意識してみるようにしてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する