1. 営業マンなら知っておきたい営業メールの締め方

営業マンなら知っておきたい営業メールの締め方


 営業をしていると、相手先にメールを送る機会が多くあることに気づくと思います。そんなときに、決して相手に失礼のないようしっかり締められるかどうかは重要なことです。では、営業のメールにおける締め方とは一体どのようなものなのでしょうか。

基本的な締め方

 恐らく、一番よく使われている締め方が「よろしくお願いします。」ではないでしょうか。その手前に「今後とも」や「以上、」などを付け加えることによって状況に応じたバリエーションを作り出すこともできます。締め方に迷ったときはまずは「よろしくお願いします。」を使うことを考えてみてください。

返事を期待するかどうか

 返事が返ってくるか曖昧な内容のメールを送信する場合は、締めの部分でそれをはっきりさせておく必要があります。「お手数ですが、ご返信お待ちしております。」と書いておけば返事をもらえる可能性は大きくなります。一方で、返事がいらない場合は「ご確認いただければ、ご返信は無用です。」などと添えておくだけで十分です。営業の場合は、返信がもらえることに期待する状況が多いと思うので、前者の部分がより参考になるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する