1. 訪問営業の日報を効果的なものにするための押さえておきたいポイント

訪問営業の日報を効果的なものにするための押さえておきたいポイント


 訪問営業を終えて作成する日報。その書き方ひとつで、良し悪しが大きく変わります。チェックされるポイントさえ押さえることができれば、あなたの評価が上がると同時に、今後の営業活動において良い結果に結びつくでしょう。つまり日報の書き方によってあなた自身の営業成績も大きく変わってくるということです。

まず最初に押さえておくべきポイント

 これだけは絶対に書いておきたい項目があります。まず最初は、当たり前の事ですが訪問先でどのような感触を得たかです。手応えはあったのか、無かったのか。どうアプローチしてどのような対応だったのか。いわゆる結果報告です。そして大事なのは、次の訪問はいつを予定しているのか。一度断られたからといって、そこで終わりにしてはいけません。それではただの御用聞きです。大事なのは、あまり良い感触がなかったならばそこで結論を急がずに次の訪問につなげるようにすることです。その内容も日報に書いておきましょう。

ネックは何かを自分なりに考える

 よい感触が得られなかったとしたなら、何が原因なのかを書いておかなければなりません。それを見た上司は必要とあればアドバイスをしてくれるかもしれません。日報は、いかに成果につなげるのか、そのヒントとなるものを読み取るという目的もあります。なので、そのための情報は余すことなく、どんな些細な事でも書いておく必要があります。自分の判断で取捨選択しないことが大切です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する