1. 「謹賀新年」入りの名刺の使い方のマナー

「謹賀新年」入りの名刺の使い方のマナー


 新年の挨拶回りをするときによく「謹賀新年」という印字やスタンプが押された名刺を持っていく方も多いと思いますが、正しい使い方ができているでしょうか。ここでは、「謹賀新年」入りの名刺の正しい使い方のマナーを紹介したいと思います。

「謹賀新年」入りの名刺の使い方

 「謹賀新年」という文字が入った名刺の使い方は、新年の挨拶回りの際、担当者が不在だった場合に置いておくのが正しい使い方のようです。新年の挨拶に来たということがひと目でわかり、有効な手段でもあると言えそうです。

判子やスタンプで文字を入れても良いのか

 判子やスタンプで文字を入れるのはマナー違反ではないかと思う人がいらっしゃるかもしれませんが、新年の挨拶の場合は、挨拶をスタンプで入れても良いことになっています。新年ではなく、普段の名刺にスタンプや判子で装飾することはマナー違反ですのでやめましょう。

「謹賀新年」入りの名刺を使っても良い時期

 「謹賀新年」入りの名刺ですが、使う期限がある程度決まっています。1月15日の小正月までは「謹賀新年」入りの名刺を使っても良いとされています。ただ、地域やその会社の習慣によっては、小正月よりも短く新年の挨拶を設定している場合がありますので、注意が必要と言えます。

 ここでは、「謹賀新年」入りの名刺の使い方のマナーを紹介しました。新年の挨拶回りがあるというビジネスマンは参考にし、正しいマナーで名刺を利用してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する