1. 成果を上げたい人が訪問営業での昼休みにやっておくべきこと

成果を上げたい人が訪問営業での昼休みにやっておくべきこと


 営業マンにとって昼休みは自分の気持ちをリフレッシュすることができる貴重な時間です。しかし、ただリフレッシュしているだけではなかなか結果に結びつきません。午前中の自分の行動を顧みて、午後自分がどのように行動すればいいかを考える時間でもあるのです。では、訪問営業の途中での昼休みにやっておくべきこととはどのようなものなのでしょうか。

午後の訪問先への経路を考える

 訪問先が複数ある場合、どのように回ればいいかを考えることは非常に重要です。少しでも効率よく訪問することで、効率が大きく変わってくるからです。もちろん、単に道筋だけを考えるわけではありません。例えば、他の訪問先との相乗効果が狙えるものはないかを考えるといいでしょう。物品販売の場合、比較的多くの販売が見込める得意先に訪問した後で、新規開拓先を訪問すると、販売ができた店舗で販売した商品とその使途を紹介することで、販売実績に結びつくことがあるかもしれません。

 ルートセールスであれば、単に道筋だけ考えればいいのでしようが、新規開拓先では自社商品の提案をする必要があります。既存の得意先でいいアイデアを得ることができるかもしれないのです。

午前中の反省

 午前中にいくつかの訪問先を回っていると思います。うまくいった営業もあれば、そうでないものもあります。しかし、それぞれの営業活動の中で、自分でよかった点や悪かった点を思い返してみることが大切です。うまくいった営業活動というのは、必ず相手が喜んでくれた時です。喜んでくれてたというのは、うれしいという意味に限りません。自分の要求するものを満たしてくれたと感じたという意味だと考えてもらえばいいでしよう。相手のどのような要求を満たすことができたのか、あるいは別の得意先では何が満たせなかったのかを思い返してみるのです。そして、うまくいった営業活動と同じことを午後にすれば、午前中より高い営業実績を達成することができる可能性が高くなります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する