1. 名刺交換の時の名刺入れの使い方の基本となるマナー

名刺交換の時の名刺入れの使い方の基本となるマナー


 名刺交換についての、マナーを知らない人が意外と多いものです。初対面の人との初めての印象を受ける場面ですから、最低限の基本ルールを身につけておくことは、非常に大切なことなのです。商談に入る前に、この基本的なやりとりが上手く出来ていなければ、そのことが後々まで尾を引くこともあるますので、特に社会人一年生はその点を十分に事前学習しておくことが、ビジネスをするための第一ステップになります。ですが、知っておけば難しくありませんので、神経質になる必要はありません。

名刺交換の基本的なマナー

 ます、こちらが客先に訪問した場合には、基本は先方から名刺をいただく前に、こちらが名刺を差し出すのがマナーです。同時に身分を名乗る時にはできるだけ具体的に、会社名と職種、名前をはっきりと相手に伝わるようにお辞儀をして交わします。この場合名刺は、相手側の向きにして渡すのは基本です。また手渡す場合には必ず専用の名刺入れから出すようにするのがマナー。これは、相手に渡す大切な名刺が汚れないようにするためと、悪い印象を与えないようにするためです。なお、名刺交換する場合には必ず立って行うのは言うまでもありません。一点補足ですが、名刺交換して、相手の名前が難しく、聞き取れないまたは、名刺にふりがなが記されていないときは、遠慮なくその場でお聞きするのがマナー。あとで聞き直すのは大変失礼な行為です。

名刺交換後の名刺入れの使い方

 名刺交換をして、お辞儀をして挨拶が終わりますと、着席するのが一般的ですが、お客様に訪問しているわけですから、先に着席しないように配慮は必要です。受け取った大切な名刺は、打ち合わせテーブルの上に、名刺入れを置いて、その上にいただいた名刺を載せておくのが一般的なマナーになります。複数の人と名刺交換をした場合には、向かい側の席の順番に合わせて、商談中はテーブルの上に並べて置いておくと、顔と名前が一致するのでビジネスが円滑に進めることができます。また、名刺入れは、大切な相手の名刺を保管するものですから、見た目に汚れているものや、一部敗れているようなものは失礼になりますから、常に気をつけておきたいものです。最後に退出する場合には、名刺を丁寧に集め、名刺入れに収納してスマートにスーツの内ポケットにいれるわけです。また、名刺が不足してしまった場合には、すぐにその場で謝り、後日郵送かお届けするという旨を伝えておくことが大切です。このような事態を防止するためには、日頃の名刺枚数を確認するだけでなく、予備としてカバンの中にも何枚かストックしておくといいと思います。名刺というものは、大切な身分を説明するもので、決して粗末に扱わないようにするとともに、持ち帰った後は、訪問履歴を記して専用の名刺ホルダーなどに入れて保管、管理しておくことが大切なことなのです。名刺そのものが、人との出会いであり、ビジネスの一歩となるのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する