1. 会社説明での上手なプレゼンとは?

会社説明での上手なプレゼンとは?


 就職説明会の際やお客様を集めて自身が勤めている会社の説明をされていると思います。しかし、いざ自分がその立場になって会社の説明を行うと上手くできなかったり、本当はこんな風に伝えたかったにも拘らず聞いている側からしてみると何を言っているのだろうと思われてしまったりと散々な結果になったこともあるでしょう。そこで今回、会社説明のプレゼンの際に上手いと思われるコツをご紹介します。  

就活説明会では明るく話しすぎない

 企業にとっての一大イベントの一つが就職活動です。その就職活動の説明会で上手くできるかどうかで人事の査定にも響いてきますし、何より新戦力を獲得する機会でもありますので説明する側としては重圧がのしかかります。就職説明会のコツとしては自然に話していくことです。就職活動中の学生の方々はあらゆる情報を収集していますので、下手に陽気にお話しをしたりすると、この会社は大丈夫なのかと不審に思ってしまいます。話せる範囲で学生の方々に説明していきましょう。


 もちろん、聞き取りやすい声でお話をしましょう。 また就職説明会の際、会社のことを説明する時に大切なのは説明よりも学生からの質問に対し正確に答えられるか求められます。その時に口が回らないのではなく、これはございますがこれはございません等、話せる範囲で正確に答えていきましょう。

お客様には気持ちで訴えかける

 一番皆様が緊張されるのが一般のお客様相手のプレゼンかと思います。一般のお客様の第一印象によって今後、プレゼンした商品が売れなくなる可能性も秘めています。そのため何が何でも成功させたいと言う気持ちはあると思います。そこで大切なのが流暢にお話しをするのでなく気持ちで訴えていくことです。精神論だと感じられますが、お客様を説得させる説明には、お客様に与えるメリットとお客様に対してこれだけこの商品を使用していただきたいと言う気持ちで臨まなければいけません。


 上手にプレゼンしている方々はここぞと言う所で強弱の使い分けをしています。しかしただ一辺倒に気持ちを入れてお話しをされればというものではございません。いつまでも熱を入れられてお話しをされていてもお客様が疲れてしまいます。 そのため先に述べたように強弱の使い分けを行い、ここぞという場面で熱をこめて説明をしてみましょう。 


 

 最後になりますが、会社説明はお客様や学生の皆様に私達の企業はこのようなことを行っています、もしくはこのような商品を扱っていますと説明する絶好の機会です。絶好の機会ですが、あまり緊張をなさらずに普段どおりに行えば特には問題はございません。多くの方が重要なプレゼンだと思い込み緊張してしまいますが、普段どおり行っていればおかしなプレゼンにはなりませんので平常心を持って行うようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する