1. ビジネスでストライプのスーツを着るときのマナー

ビジネスでストライプのスーツを着るときのマナー


ストライプ柄のスーツでしてはいけない着こなし方

 ストライプ柄のスーツでは、NGとされる着こなし方があります。

ストライプ柄のシャツ、ネクタイと合わせる

 ストライプ柄のシャツやネクタイと合わせてしまうと、コーディネートとしておかしな印象を相手に与えてしまいます。ストライプ柄のスーツを着るときは、無地や、別の柄のシャツやネクタイを選びましょう。

ストライプの線が太いものを着る

 ストライプの線が太いものは過度なおしゃれとみなされてしまう場合がありますので、ビジネスシーンでは着るのを避けましょう。シャドーストライプと呼ばれるような、目立たないぐらいのストライプ柄のスーツでしたら、ビジネスシーンでも通用するのではないでしょうか。

ストライプ柄のスーツを着てはいけない場面

 ストライプ柄のスーツを着てはいけない場面としては、目上の人と会う場面が挙げられます。上司や会社の重役と会うような場面では、ストライプ柄のスーツは失礼にあたります。そのような目上の人と対面する場面が想定されるときは無地のスーツを着ていくようにしてください。


 ここでは、ストライプ柄のスーツのビジネスマナーを紹介しました。はっきりしたストライプは避け、目上の人と会う時は、極力ストライプ柄のスーツはやめましょう。ここで紹介したマナーを実践して、身だしなみでマナーを守るようにしてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する