1. 営業で新規を成功させたい人が意識しておくべき2つのこと

営業で新規を成功させたい人が意識しておくべき2つのこと


 営業には大きくわけて2つの種類があります。まずは、ルート営業。これは既存の顧客に対する長期的な営業です。もう1つが新規開拓営業。こちらは名前の通り、新規の顧客を獲得するための営業です。では、今回は新規開拓営業の方に焦点を当てて書いていきたいと思います。

新規開拓はとにかく数が大事

 新規開拓営業の場合、今まで顧客ではなかった人に営業をかけるわけですから、断られることは当然あります。慣れるまでは多少の精神的ダメージは仕方ないと思いますが、数をこなすうちにそういったダメージは少なくなっていくはずなので、とにかく数多く営業するというところに出力していきましょう。

人付き合いが苦手でも大丈夫

 新規開拓営業とルート営業に分けたとき、人付き合いの能力は実は新規開拓のほうが不必要なのです。なぜかというと、新規開拓の場合は最初の印象とその1回目の営業でほぼ結果が決まるからです。長期的な付き合いを考えるのは営業が成功してからで良いので、とにかく売るためというところに力を注いでおけばたとえ人付き合いが苦手でも結果を出すことができます。そこを意識しておきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する