1. 話し方を改善するにはどうすればいい?気持ちの良い喋りをするためにやるべきこと

話し方を改善するにはどうすればいい?気持ちの良い喋りをするためにやるべきこと


 話し方のクセを直すにはどうすればいいでしょうか?話し方が人に与える印象はかなり大きいです。どもりがちだったりちょっとしたクセがある人は、それだけでよくないイメージを持たれることがあります。今回はそんな話方を改善するために踏むべきステップを紹介します。

ステップ1 動画や音声で確認する

 まずは自分にどんなクセがあるのか確認しましょう。客観的にとらえなおすことで意外と気づかなかったクセも見つかるかもしれません。身振り手振りも含めた確認ができる動画での確認が最も効果的です。しかし、ビデオの前ではなかなかいつも通りにできないという人もいるでしょう。そんな人はポケットにレコーダーを入れて一日過ごしてみましょう。口癖や話す速さなどが注目すべき点です。

ステップ2 目標の人物と自分の差を埋める

 確認ができたらいよいよ改善です。人によって様々な問題点が見つかったと思いますが、どのように直せばいいかよくわからないという人も多いはずです。そんな人は、目標にする人を決めましょう。身近な人でもいいですが、テレビやネット上の人物の方が参考にしやすいかもしれません。その人がしゃべっている動画と自分の録音、録画を見比べてその差を埋めるように気をつければいいのです。芸人のトークや世界中のスピーチが見れるTEDなどが良い材料になるかもしれません。



 いかがでしょうか?まずは自分の欠点を知ることが改善の第一歩です。話し方のクセは、自覚できれば意外と簡単に克服することができます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する