1. 短い会話でも相手の印象に残る話し方のコツ

短い会話でも相手の印象に残る話し方のコツ


 少し会話をしただけなのに強烈なインパクトが残る人がたまにいます。一方で、話した回数は多いのにいまいち印象に残りにくいという人もいます。ビジネスマンならもちろん良い意味で印象に残る話し方をしたいものです。どのような話し方をすればインパクトを与えることができるのでしょうか?

感情をこめた緩急のある話し方

 平坦なしゃべり方は人を退屈にさせます。話をするときには漢書を込めるようにしましょう。良いニュースは明るく元気な声で話し、悪い内容は残念そうに話すのです。また、緩急がある話し方も相手の記憶に残りやすくなりましょう。内容にメリハリを持たせることももちろんですが、話すスピードも意識しましょう。重要なことはゆっくり話し、テンポよく聞かせたい話にはしゃべり方も勢いよく話してみましょう。

あなたならではの例え話、エピソード

 ただ要点を伝えるだけでなく、あなたならではの例え話やエピソードを盛り込んでみましょう。その結論に至るためにはどんな経緯があったのかや、分かりやすく説明するために個性的な比喩ができないのかを考えてみるのです。伝える内容が一緒でも面白いエピソードを挟めればそれだけ強くインパクトを与えることができます。上手くいけば仕事の話をしているだけなのに、パーソナルな部分のアピールをすることもできます。



 もちろん、変に工夫を凝らしすぎる必要はありません。まずは相手に悪い印象を与えないように気を付け、余裕があればこのようなやり方も織り交ぜてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する