1. ビジネスで人を紹介するときの正しい順番のマナー

ビジネスで人を紹介するときの正しい順番のマナー


 ビジネスでは、社内の人に他の企業の人を会わせることや、別部署間の交流などで、人を紹介することが多くあると思います。ここでは、そのような人を紹介するときに気を付けたい紹介する順番ビジネスマナーを説明したいと思います。

社内の人を先に紹介する

 社内の人と社外の人がいる場合、社内の人をまず相手に紹介します。「部長の〇〇です。こちらは、株式会社△△の〇〇様です」というような紹介の順番にしましょう。

役職が下の人を先に紹介する

 社内で紹介する場合などは、役職の低い人から先に紹介します。「営業部の〇〇課長です。こちらは人事部の△△部長です」というようにするが正しい紹介の順番です。

年齢が低い方から先に紹介する

 部署や役職があまり重要でない場合は「同期の〇〇です。こちらは先輩の△△さんです」というように、学年や年齢が低い方から先に紹介する場合もあります。



 ここでは、ビジネスシーンでの人物を紹介するときの順番のマナーを紹介しました。原則を押さえておくことで、マナー通りの紹介の順番が守れると思います。ここで紹介したマナーを活かし、正しい順番で人物を紹介するように心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する