1. ビジネスシーンで封筒に「御中」と書くときのマナー

ビジネスシーンで封筒に「御中」と書くときのマナー


封筒に自分で宛名を書く場合

 封筒に自分で宛名を書く場合に「御中」を使うのは、組織や団体に送る時になります。ビジネスレターの封筒では、会社名や部署名の後ろに来る宛名は「御中」と書くとおぼえておくと良いでしょう。

気を付けたい「御中」の意味

 「御中」には、団体や会社の誰かという意味があります。そのため、もし個人や送りたい人が決まっている場合は、その人の名前や、役職名を特定し、「御中」ではない宛名を付けて送る方が良いです。

返信用封筒に「御中」と宛名を書く場合

 返信用封筒が相手から送付されていて、「御中」と書く場合は、相手の宛名の敬称が「行」になっている場合です。「行」の部分を二重線で訂正し、「御中」と書くようにしましょう。



 ここでは、ビジネスシーンで封筒に「御中」と書く場合のマナーを紹介しました。しっかりと意味を押さえた上で「御中」を使いこなすようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する