1. iPadを遠隔操作してプレゼンする方法とは?遠隔操作で活用したい2つのツール

iPadを遠隔操作してプレゼンする方法とは?遠隔操作で活用したい2つのツール

iPadを遠隔操作してプレゼンする方法とは?遠隔操作で活用したい2つのツール 1番目の画像

 PCやiPadでプレゼンテーションを行うとき、スライドを変更するためにPCのある場所まで戻って操作することに不便さを感じたことはないだろうか?

 実はiPhoneを使えばiPadを遠隔操作することができ、自由に動き回りながらプレゼンを行うことが可能なのである。

 今回はiPadを遠隔操作してプレゼンテーションを行う方法を紹介したい。

iPadを遠隔操作するために必須のアイテム「iPhone」 

iPadを遠隔操作してプレゼンする方法とは?遠隔操作で活用したい2つのツール 2番目の画像

 iPadを遠隔操作するときに使うのは「iPhone」のみ。

 iPhoneのサイズ感であれば、iPhoneを持ちながらプレゼンテーションを行うことが苦ではない。

 身振り手振りでプレゼンテーションすることだって可能なのだ。

iPadとの互換性が◎ iPhoneなら遠隔操作の設定も簡単

 また、iPhoneはiPadと同じApple製品であることから、互換性の高さにも太鼓判を押せる。

 他社製品を使った遠隔操作よりも、シンプルな方法で設定をすることが可能だ。

 しかし、iPadとiPhoneを用意しただけでは、すぐに遠隔操作でプレゼンが行えるわけではない。

 iPhoneでiPadを遠隔操作するために重要になのが「アプリ」なのだ。

iPadを遠隔操作するためのアプリ①:Keynote(無料)

 MacOS/iOS用のプレゼンテーションソフト「Keynote」。

 iPadでプレゼンテーションを作成する際に用いるアプリで、 作成したファイルはQuickTime、PowerPoint、PDFなどといった多様なフォーマットで書き出すことができる。

最新バージョンのiOS用「Keynote」に付属する「Kyenote Remote」

 そんなプレゼンテーションソフト「Keynote」を遠隔操作するためには、最新バージョンの「Keynote」をインストールする必要がある。

 アプリに付属している「Keynote Remote」で、iPadを遠隔操作にするための設定方法は至ってシンプルだ。

 手元のiPhoneにアプリをダウンロードし、 iPadのKeynoteにパスコードを入力してリモート操作を有効にするだけ。

 詳細な設定方法についてはAppleの公式サイトをチェックしてみるといいだろう。

スライド変更をiPadで遠隔操作できるだけではない! Keynote Remoteの機能

 Keynote Remoteには、遠隔操作でiPad上に表示しているスライドを変更する以外の機能もある。

 表示スライド以外のスライドをiPhoneの画面で確認したり、スライドのメモ書きをチェックしたりすることができるのだ。

 今まで「Keynote」や「Keynote Remote」は有料だったが、 2013年10月のiPad Air発売イベント後は無料ダウンロードできるようになっている。

 気軽に使ってみることができるので、iPadでプレゼンテーションを行う機会が多いビジネスパーソンは下記リンクからダウンロードしてみてほしい。

iPadを遠隔操作するためのアプリ②:eProjector(¥350)

 「iPhoneをリモコン代わりにし、プレゼンテーションをスマートにする便利アプリ」として、 各方面に紹介されているのがこちらのアプリ。

 iPad上に表示したスライドを、iPhoneで確認しながらフリック操作でページをめくっていくことが可能だ。

 レーザーポインター機能も搭載しているので、強調したい部分などをより分かりやすく伝えることができる。

iPadを遠隔操作できるアプリ「eProjector」をダウンロードする注意点

 iPadを遠隔操作できるアプリ「eProjetor」だが、ダウンロードする上で覚えておきたいのがPDF形式のドキュメントでしか使用できないということ。

 この点については、KeynoteやPowerPointではPDF形式での保存ができるため、とくに問題ないだろう。

 しかし、アプリの更新性が低いというのがネックポイントだ。有料である点も踏まえると、おすすめ度合いはKeynote Remoteに軍配が上がるといえる。


 遠隔操作でiPadのプレゼンテーションを行う方法について紹介してきた。

 iPhoneとアプリを使えば、意外と簡単に遠隔操作できるということは理解してもらえただろうか。

 iPadを遠隔操作することによって、よりプレゼンテーションの自由の幅が広がる。スマートなプレゼンテーションを行って、ぜひ案件を獲得してみてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する