1. 英語のプレゼンキレイに箇条書きをする方法

英語のプレゼンキレイに箇条書きをする方法

 プレゼンで何か情報を見せるときに箇条書きをする人は多いと思います。日本語で箇条書きをする方法をある程度理解していても、英語の場合どう書けば良いのか分からないという人がいると思います。そこで、英語でもキレイに箇条書きができる方法を紹介します。

項目の長さをそろえる

 項目の長さというのは、文字数のことです。文字数がバラバラだと非常に見づらいスライドになってしまいます。ある項目は文章で、他の項目は単語という風になるとバランスが悪く上手く伝わりません。なのでどちらか一方にそろえて項目の長さをそろえるようにしましょう。

各項目の品詞をそろえる

 上記と同じようにある文は名詞から始まっていて、ある文は動詞から始まっていると非常にバランスが悪いのでこれもそろえましょう。普段は基本的に名詞から始まっているので、プレゼンの際に動詞から始めると表現力が高いと思われます。


 とても細かい部分かもしれませんが、聴衆の印象を大きく左右する部分です。ただ箇条書きすれば良いというのではなく、相手の立場になってみてキレイなスライドを作るように心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する