1. プレゼン発表で相手の心をつかむ話し方

プレゼン発表で相手の心をつかむ話し方

 プレゼンテーションを行う上で、人を惹きつける話し方をするということは非常に重要なことになってきます。もし相手の心をつかむ発表ができれば、それでプレゼンテーションは成功したともいえるくらいでしょう。ここでは、聴衆の心をつかむことと、そのコツについてお話していきます。

聴衆の心をつかむ話し方を行う利点

 例えば同じプレゼンテ―ションをするにしても、話し方で伝わりやすさやその新しい企画や製品などに対するイメージというのは非常に変わってきます。資料が良くても発表での話し方がイマイチであれば、相手の心をうまくキャッチすることはできません。

 また、途中で聴衆が飽きないようにするためにも、話し方というものは重要なものになってきます。そのため『もし、自分が聴衆だった場合に、自分のプレゼンテ―ションを見てどう思うか』という客観的な立場に立った上で自分のプレゼン方法を見極める必要があります。客観的にプレゼンテ―ションを見極めることにより、自分の発表の方法の悪いところも分かってくることと思います。

 ところで、発表をする上で必要になっていくるコツとは一体何なのでしょうか。以下の項目でそれをお話ししていこうと思います。

プレゼンで話をする上でのコツ

 他人を惹きつける話の仕方にはいくつかのルールがあります。例えば、ボディーランゲージを加えることで、話に抑揚が出るため、他人の心をつかみやすくなります。他にも、発表をする際には、誰かの目を見て話すことで、内容も伝わりやすく、また、自分も緊張することなくその人と話しているように、インタラクティブな会話が可能となります。

 また、声の大きさも重要になってきます。声が小さすぎれば、自信なくプレゼンテ―ションしているように見受けられ、その企画までもマイナスのイメージになってしまいます。

 そう捉えられないためにも、分かりやく、大きな声ではきはきとした話し方をすることが必要になります。そして、話すスピードと間の開け方に関してもポイントがあります。話すスピードが速すぎると、聴衆は会話に付いていくことができません。

 更に、スピードが速いと落ち着きがない印象に捉えられたリ、焦って失敗してしまうことも考えられます。間に関しては、発表にゆとりをもたらすという意味で大切になります。とりわけ、句読点の付いている部分で少し間を開けることで、聞き手にとっては非常に聞き取りやすい発表になります。加えて、プレゼンをする上でまっすぐな姿勢で行うと、見栄えもシャープになり、好印象になるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する