1. 英語のプレゼンでキレイに締める終わり方

英語のプレゼンでキレイに締める終わり方

 プレゼンで締めは非常に重要です。大抵プレゼン後は、拍手するタイミングがあるのでイマイチな終わり方だと拍手するタイミングが分からず、そのまま終わってしまいます。そうなってしまってはプレゼンも失敗となってしまいます。英語のプレゼンでは、どのような終わり方をしたら良いのでしょうか。

「ご清聴ありがとうございました」

 日本では一般的な言い方です。これを英語に直すと

 "Thank you for your kind attention." となります。
 
 これであれば聞いている側としても終わりだと分かり、拍手するタイミングを把握することが出来ます。

「これで話を終わります」

 そこまでフォーマルな場でないならこの言い方でも構いません。

 "That's all for my presentation."
 
 終わりだと直接的に言っているので聞いている側としては、非常に分かりやすい表現です。


 最後の一言は、プレゼンを終える合図のようなものです。相手にそれが分かるように伝えるのがコツです。他にも言い回しはあるので、自分にとって言いやすいフレーズを覚えると良いでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する