1. 昼休みに電話しなければならなくなった際に意識しておきたいマナー

昼休みに電話しなければならなくなった際に意識しておきたいマナー


  基本的にお昼休みに会社に電話をかけるということはマナー違反にあたります。お食事をしている最中に仕事に関する電話がもしかかってくることを想像すると、誰でも嫌な気分になると思います。そのため、基本的にはお昼に電話することは避けるべきです。しかし、やむを得ない理由でどうしても、昼休みに電話をかける必要がある場合はどうすればいいのでしょうか。以下ではそのような場面に出くわしたときのマナーを紹介していきます。

ご飯を食べていると想像できる時間は避ける

 お昼と言っても、丁度昼食を食べている真っ最中を想像できる場合、その時間はなるべく避けます。相手が食べ終わっただろう時間を見計らった上で、電話をかけるのが好ましいです。例えば、昼休みが12時から13時だった場合は、いくら急いでいたとしても、12時30分ごろに電話をかけるなどの配慮が必要です。

 昼休みから30分程度間を開けることにより、ご飯を食べている真っ最中は避けることができます。これにより、相手もご飯の途中で電話に出る必要がなくなり、少しでも落ち着いて昼食を取ることができます。

相手の昼休みがいつ頃か想像がつかない場合

 もし相手のお昼休みが何時から何時までか想像できなかった場合や、相手の食事の時間が不定期な場合、相手と自分の昼休みが全く重なってしまっている場合は、電話をした時に、挨拶の後に『お昼休みに申し訳ありませんが』などの一言を加えるとよいでしょう。その言葉を付け加えるだけで、相手に対する気配りが感じられ、相手も気持ち良く電話に出ることができると考えられます。その次に、お昼に電話した理由、電話せざるを得なかった理由を付け加えるのも良いと思います。

 それらの理由を伝えることで、『お昼しか電話する時間がなかった、ならしょうがない』と、相手を納得させる事もできます。相手も理由がはっきりとすることで、快く本題を聞いてくれることができるでしょう。つづけて、本題を話します。

 本題が終わり、電話を切る前には『お昼休み中に本当に申し訳ありませんでした』などの、言葉を付け加えましょう。相手もそれである程度、こちらが本当に悪いと思いつつ電話をした、ということが理解できる事でしょう。特に相手と関係が深い場合などには余計、昼休み中の電話は気を付けるべきです。関係が深いほど、相手にとって失礼なことを無意識のうちにしてしまうことが多いため、公私をしっかりと分けるためにも、電話のマナーはきちんとしておくのがよいです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する