1. プレゼン本番で失敗しない質疑応答をするコツ

プレゼン本番で失敗しない質疑応答をするコツ

 プレゼンでは、最後に質疑応答がある場面があります。しかし、質疑応答は相手から出るものなので予想もしていなかった質問が出る場合があります。答えられない質問をされて動揺し、プレゼンが失敗させたいためにどのような取り組みをしたら良いのでしょうか。

質問を繰り返す

 長々と質問される可能性もあります。長々と話されると何を聞かれているのか曖昧になってしまいます。自分の中で質問をまとめるためにも質問を質問で返しましょう。「今のご質問は、○○が知りたいという意味でよろしいでしょうか。」という具合です。この質問をしている間にも答えを考えることが出来るので慌てる必要はなくなるでしょう。

あえて答えないと返答

 鋭い質問や答えを準備していなかった質問をされると動揺してしまうかもしれません。そこで単に「答える事ができません」と言うと相手も失望してしまうので、「質問が深い内容だったので私も考えて答えを出したい」という風につなげていけば、納得してくれます。


 ある程度質疑応答の準備をしていても予想外な質問は出て来ます。ただ、出た時でも準備不足と思われないような対応をしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する