1. 【ビジネスマンの基本!】スーツを着た際の靴のマナー

【ビジネスマンの基本!】スーツを着た際の靴のマナー


 会社の面接や、重要な取り引き、商談の場ではスーツを着るという方も非常に多いと思います。スーツを着ていれば、身だしなみは整っているようには見えますが、相手は大抵スーツだけではなく、頭から足の先まで見ているものです。そのため、靴に至っても、身だしなみの点で気を抜くことはできません。ここでは、スーツを着た際の靴のマナーについてお話していこうと思います。

男性の靴のマナー

 男性の靴を選ぶ場合には、スーツのズボンの色と靴の色を同系色でまとめることが、着こなしのコツです。同系色の靴を用いることで、全体的に一体感がとれ、相手に安心感や安定感を与えます。更に、この色は、靴下やベルト、鞄の色についても同じことが言えます。グレーのスーツにブラウンのシューズなどというコーディネートは確かにおしゃれです。

 しかし、ビジネスシーンとして相応しいのはそれかと聞かれれば、そうではありません。ビジネスではファッションを見せびらかせる場所ではないため、できるだけフォーマルな服装を心がける必要があります。それは、靴に至っても言えることです。

 そのため靴の色は黒、と心得ておきましょう。また、靴の素材は革が一般的です。汚れのない、良く手入れのされた綺麗な革靴を履くことで、相手に好感を持たせることもできるでしょう。靴の種類は、あまり派手すぎないように気を付け、ストレートチップやモンクストラップのものを使うのがよいでしょう。

女性の靴のマナー

 女性は普通、スーツにはパンプスを合わせて履きます。そして、女性の靴も男性のものと同様に、鞄やスーツの色と統一させることが良いとされます。ところで女性に特有の靴のヒールですが、3センチから5センチが一般的です。とりわけ、最近流行のパンツスタイルでは、裾が摺らないようにヒールの高さを調整して選ぶことが大切になります。他にも、パンプスは自分の足にきちんと適したものを選ぶことが重要になります。

 女性の中には、歩きにくい等の理由から、殆どヒールの靴をはいたことがない人もいらっしゃると思います。そのような方々は特に、ヒール付きのパンプスを購入する場合、実際に自分の脚に合っているか確かめてから購入することがお勧めです。もし自分の足に適していなければ、靴ずれを起こしてしまったり、仕事に差し支えがでてしまうこともあり得ます。ちゃんと仕事をこなすためにも、妥協せず、靴は自分の足に適したものを履くことが、相手にとってのマナーにもつながります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する