1. 飲み会を風邪で欠席した際の翌日の対応方法

飲み会を風邪で欠席した際の翌日の対応方法


 会社に入ると、上司から飲みに誘われたり、部署の歓送迎会が行われたりすることがよくあるでしょう。ですが、飲み会を風邪で欠席しなければいけないという事態も時には起こると思います。ここでは、飲み会を風邪で欠席した際の翌日の対応方法を紹介していきます。

会の主役には参加できなかったことを謝る

 飲み会を企画してくれた人には、飲み会の翌日参加できなかったことを謝るようにしましょう。また、3人〜4人くらいの小規模な飲み会であれば、全員に伝えにいくと良いです。

 欠席して何も言わないよりも、翌日に一言謝りに行くことであなたに対する印象も良くなると思います。こういった小さな積み重ねで信頼関係は出来上がっていくので、飲み会に参加できなかった時は翌日謝りに行くようにしましょう。

飲み会の感想を聞いて回る

 また、飲み会に参加していた人に「昨日、楽しかった?」「どうだった?」といったように飲み会の感想を聞いて回ると、参加したかったけど参加できなかったのだなという印象を与えられます。

 ただ、全員に聞いて回るのは迷惑になってしまう可能性があるので飲み会に参加した数人に聞いて回るようにしましょう。


 以上、飲み会を風邪で欠席した際の翌日の対応方法を紹介してきました。欠席しても、また次の飲み会に誘われるようにここで紹介したことを翌日に行ってみて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する