1. 英語のプレゼンで便利な覚えておくべき用語

英語のプレゼンで便利な覚えておくべき用語

英語のプレゼンで便利な覚えておくべき用語 1番目の画像

 日本語のプレゼンの「ご清聴ありがとうございます」のように普段使わないような用語が英語のプレゼンにも存在します。本番でそのような用語を使えるように今のうちに覚えておきましょう。使えればあなたもネイティブの人たちの仲間入りです。
目次
+ have me
    + on behalf of

      have me

       普通"have"というのは、「持つ」などの意味がありますが、"have me"で 「お招き頂く」という意味になります。例文を紹介すると、

       "Thank you for having me today."
      「本日はお招き頂きありがとうございます。」となります。

      on behalf of

       "on behalf of"というのは、「〜のために」という意味がありますが、プレゼンにおいては、 「〜を代表して」という意味で使われています。例えば、

       "On behalf of everyone here,"
      「ここにいるみんなを代表して」と何かの代表で発表するときに使えます。


       プレゼンでは、普段使っている意味で使われていない可能性もあります。しかし、学校で教えてくれるわけではないので今のうちに覚えておきましょう。頻繁にプレゼンを行う人は、少し勉強しておくことをオススメします。

      U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
      この記事を報告する