1. 英語のプレゼンで本番成功するための練習方法

英語のプレゼンで本番成功するための練習方法

 英語のプレゼンは、日本語のプレゼンに比べて気になる部分が多くあります。伝え方はもちろん発音やアクセントまで細かい部分まで至ります。発音は関係ないと言っても伝わらなければ意味がないので意識する必要はあるでしょう。

メリハリをつける 

 英語は日本語に比べて非常に波があります。つまり、日本語を話すように英語を話してしまうとメリハリが出ず、飽きられてしまいます。一度飽きられてしまったら取り返すのは非常に難しいでしょう。本番でいきなりスピーチにメリハリをつけるのは大変なので練習のうちから本番を意識して、メリハリをつけて話すようにしましょう。メリハリのつけ過ぎぐらいがちょうど良いくらいでしょう。

短い文章ではっきりと

 日本語でも同じですが、文章が長くなると何を言っているのか理解するのが難しくなります。しかし、プレゼンを作成しているときは気付きにくいものです。練習時に録音などして自分で聞いてみて長くないか確認しましょう。そして、はっきり話しましょう。ゆっくりで良いのでネイティブのように早く話そうとする必要はありません。早く話してしまうと聞き取れない英語になってしまいます。 


 英語でプレゼンを行う場合、いろいろなところに神経を使わなければなりませんが、しっかり準備すれば素晴らしいプレゼンが出来るはずです。練習では以上の点に意識して本番に臨みましょう。 

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する