1. iPadを利用したプレゼンで使用するのに最適なコネクタとは

iPadを利用したプレゼンで使用するのに最適なコネクタとは

 iPadを利用したプレゼンが増えてきています。例えば商品の資料や作成したファイルをクラウド上に保存しておきプレゼンの際に持ってきて使用する方法でしたり、中にはノートパソコンが万が一使用できないと言った時のサブ代わりとして使用する方々もいます。しかしお客様の中にはiPadでのプレゼンも良いが、大きな画面で見たいと言ったお客様もいます。iPadでも出力を変換できるコネクタがあるのでしょうか。

一番使用されている変換コネクタ

 実際に探してみると変換コネクタは様々なタイプがあります。一番身近なのはアップルから発売されている純正の変換コネクタです。変換コネクタを探している方々でしたらそのアップルの変換コネクタを見た時誰もが感じたと思います。変換コネクタにしては値段が異様に高いことです。

 他にも販売されているが他のは高くても2000円以下で販売されているのに、やはりブランドイメージがあるから高いのかと他のコネクタを選択されてしまう方が多いです。しかし、アップルから出ている純正のコネクタには多くの長所があります。

 他の変換コネクタでは、時折反応しなくなる等の欠点が露見してきます。純正だからお勧めですよと言うのではなく、耐久性や映像の乱れ等の反応しなくなることがほとんど無いため純正のタイプをお勧めします。

変換コネクタの偽物にはご注意

 大型家電量販店では見た事がありませんが、インターネットの通販や路地裏にある小さなお店では時折偽物が販売されていることがございます。その偽物は一見本物のような作りをしていますが実際に使用してみると純正とは思えないほどもろく、耐久性が全くありません。もし皆様がこれから純正の変換コネクタを探しているのであれば家電量販店で購入することをお勧めします。万が一偽物かと思ったら、すぐにアップルに問い合わせをしましょう。するとあちらからも対応策を提示してもらえるので泣き寝入りする前に必ず相談してみましょう。


 このように、iPadを大型の出力機に変換する時には専用のコネクタがあります。もし機会があるのであれば、購入してみることをお勧めします。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する