1. プレゼンで自社製品を上手く紹介するコツ

プレゼンで自社製品を上手く紹介するコツ

 
 自社の新製品などをクライアントなどにプレゼンをする機会は多くあると思います。しかし、魅力的な製品だと思ってもらうためにはどのようなことを意識したら良いのでしょうか。

自信なさそうに話さない

 プレゼンで緊張するのは当たり前ですが、うつむいて話してしまうと聞き手の集中力も落ちてしまいます。出来るだけ顔をあげてなるべく聞き手と目が合うようにプレゼンをしましょう。ジェスチャーなども効果的です。

エピソードを盛り込む

 クライアントがその製品をあらかじめ知っていれば良いですが、新製品の場合初めて聞くことが多いでしょう。もちろんその製品の機能を伝えるのは大事ですが、エピソードも交えて伝えましょう。その機能がどんな場面でどのような活躍をするのか伝えると聞き手としてもイメージしやすく、印象に残る製品となります。

比喩や言い換えを使う

 製品の機能やメリットを長々と説明されると飽きてしまう聞き手もいます。なので一言で簡単にまとめましょう。ポイントカードの例として「貯めて、使えて、交換できる」というものがあります。このように一言でまとめるとより聞き手の意識を引き寄せることが出来ます。


 以上製品の上手く伝えるコツを説明しましたが、プレゼンをする上でその製品についてよく知っておく必要があります。テクニックに頼るのも大事ですが、それだけでなくその製品の本質を理解しておきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する