1. 女性社員が気を付けたいビジネススーツに関するマナー

女性社員が気を付けたいビジネススーツに関するマナー


  皆様の部署には少なからず数人は女性社員がいらっしゃると思います。私の部署にも数人女性社員がおり、その方々の何人かは私の部下として働いていますが時折これは大丈夫なのかと思うビジネススーツの着方をしている時があります。男性のビジネススーツのマナーは多々ございますが、女性にもビジネススーツを着用する際のマナーは大いにございます。そのため今回、女性社員が気をつけたいスーツのマナーについてご説明したいと思います。少しでも皆様の参考になれば幸いです。

大胆なビジネススーツを着用してこない

 若い女性社員に時折いるのが、大胆なビジネススーツを着用して会社に出社してくることです。大胆と言うのは、例えば胸元が広く開いていたり異様にスカートが短いなどが挙げられます。男性社員から見れば目の保養になるなと思いますが、会社的にはマナー違反に値します。お客様の中にはそのような女性社員が営業マンとして来ると、君の所はどのような教育をしているのかとお客様から厳しいご指摘を受けてしまいます。

 それだけで済めばよいですが、酷い場合ですと会社の信頼問題にも発展しかねません。現に他の部署の女性社員があまりにも大胆なビジネススーツを着用して営業を掛けていたら、案の定お客様からお叱りを受けてこんな会社とは取引したくないと取引を拒否されたようです。

 こんなことが起こるのかと疑問を抱くかと思いますが、起こりうる可能性があるのであればしない方が最善策です。そのため一度自身のビジネススーツを見直してこれは大胆なビジネススーツだなと感じましたらすぐにでも止めて、後から新しいビジネススーツを購入するようにしましょう。

職業と合っていないビジネススーツを着用しない

 職業と合っていないと言うことはどういうことかと申し上げますと、お堅い職業にも拘らずラフな格好でしたりファッション関連なのに汚らしい格好をすることです。例えばお堅い職業として良く挙げられるのが銀行マンや証券マンです。もし皆様の所に上下ともラフな格好の営業マンが来たらどう感じますか。私であればこのような方とお取引は出来ないと思いお断りします。

 またファッション関連の職業に就いているにも関わらず、ビジネススーツが汚らしいでしたりビジネススーツの着こなし方がお洒落でないのであれば、本当にこの人はファッション関連で働いているのかと疑問に感じてしまいます。これは男性だけでなくもちろん女性にも当てはまります。そのため女性だからといって気を抜いたビジネススーツの着こなしをしていると、お客様を深いな気持ちにさせてしまったり信用を得ることは厳しくなってきてしまいますので注意しましょう。

 最後になりますが、女性社員でも守らなければならないビジネススーツのマナーは上記以外にもございます。上記で示したことはごく一般的なことですので必ず守るようにしましょう。また、女性社員で気をつけたいことをもう一点挙げるとすれば女性の先輩社員より高価なものを着用するのは避けましょう。少々語弊がありますが、女性の場合は男性よりしつこく高価なビジネススーツのことを妬んで言ってくる可能性が出てきます。そのため高価なビジネススーツは先輩社員より低い金額のものを購入するようにしていきましょう。そうすれば何の軋轢を生むことなく過ごせます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する