1. 【プレゼンに使える!】パワーポイントならではのテクニックとは?

【プレゼンに使える!】パワーポイントならではのテクニックとは?


  今やプレゼンのソフトはパワーポイントだけではなく、無料のフリーサイトも多数存在します。その為、パワーポイントの必要性がだんだん感じられなくなっている方も多いのではないかと感じます。ですが、パワーポイントにはパワーポイントなりの他のフリーソフトとは違う利点も存在します。そこで、パワーポイントならではの、プレゼンで使えるテクニックについて紹介していきたいと思います。

プレゼン資料の制作に便利なテクニック

 スライドを作る時に便利な機能として、『アウトライン』という機能が挙げられます。この機能は、情報を入力していくだけで、そのままスライドとして反映させることができるという機能です。非常に実用的であるため、スライド作成の上では活躍します。

 また、独自のテンプレートを作ることができます。スライドの設計図である『スライドマスタ』という機能を用いることで、スライドのデザインにおいてオリジナル性を出すことが可能です。例えば、文字を透かしの文字にしたり、デザインテンプレートを自分のオリジナルのデザインに変更することができます。加えて、『タブ』機能を使うことで、身時の右端を揃えることが可能になったり、画像のファイルサイズを小さくする機能も備えます。

プレゼンの際に便利なテクニック

 プレゼンを行う際に用いたい、パワーポイントの便利な機能として、いくつかの機能があります。まず第一に、ショートカットキーの存在が挙げられます。スライドを切り替えるためのショートカットキーを利用することで話の進行をよりスムーズに行うことが可能です。『Enter』キーを押すと次のスライドへ、『BackSpace』キーを押すと前のスライドに戻ります。『スライド番号』+『Enter』キーで、任意のスライドに切り替えるということもできるのも使い勝手が良い機能です。マウスでスライドを行うこともできますが、ショートカットを利用する方が安易に行うことが可能なのでおすすめです。

 そして第二に、一時中断の場合の機能があることです。画像を一時停止しておきたい場合や質疑応答の際には画面を白塗りや黒塗りで表示させる事もできます。これは、プレゼンを行う前にも使える機能で、出だしの部分を黒塗りにしておくことで、起動時間を待つ事なくプレゼンを始めることができます。そして第三に、ダブルクリックだけでスライドショーを開始するという方法があります。スライドを保存することにより、ダブルクリックでスライドショーが開始できるため、起動の手間を省くことができます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する