1. 上司が異動となった際に感じる「不安」を上手に解消する方法

上司が異動となった際に感じる「不安」を上手に解消する方法


 みなさんの企業によっては大きく異なると思いますが、ある一定のシーズンを迎えますと多くの方が会社の中で異動されていきます。ある方は昇進してある方は遠方に飛ばされたりと様々な方がいらつしゃいます。皆様も例外でなく、上司が異動でいなくなる可能性もございます。

 例え嫌味な上司であってもいないと寂しいもので、私も嫌味な上司を持っていた時はあの嫌味も聞けなくなるのかと寂しさを感じたときがあります。上司が異動されると中には不安を覚える方々もいらっしゃいますのでその時の解消方法をご説明いたします。

以前の上司を綺麗に忘れてしまう

 私は、この方法で嫌味な上司のことを綺麗に忘れました。若干寂しさもあったものの、既に上司は違う方になっていますのでその方の考えて仕事をしていくと寂しさや不安も一気になくなりました。あまりよろしくないのではと感じる方もいますが、ずっと以前の上司のことを考えている方が今の上司に失礼です。新しく着任した上司も以前の上司が担当されていた部署の成績を上げようと努力したり、一日でも早くこの部署に馴染もうと見えない所で努力しています。そのため以前の上司を綺麗に忘れ去り、今の上司を立てて仕事をしていくと寂しさや不安もすぐに無くなっていきます。

 それでも解決しないのであれば時折こちらから上司へ電話を掛けてみるのも良いでしょう。仕事上の悩みでしたり話題は何でも構いません。何かしら報告したいことがあれば気軽に電話を掛けてみましょう。上司も意外と以前の部下から電話が掛かってくることに対して嫌な気持ちになりません。

以前の上司を有効活用してみる

 以前の上司であっても有効活用できる手段がございます。それが新しく来た上司のことを聞いたり、その上司と馬が合わなかった時の対処方法など様々なことを聞くことが出来ます。例えば新しく上司が来る前に上司からこれから来る上司がどのような性格なのか、またはどのような趣味なのかを詳しく聞いてみましょう。

 上司同士ですのでその辺のコミュニケーションはされていると思います。現に私も以前の上司から今度来る上司のことを聞いて、円滑なコミュニケーションを図っていました。皆様も新しく来た部署で気さくにあちらから話しかけられた方がやりやすいかと感じます。

 この方法を使用することで、時折上司に相談しますので上司がいなくなったとしても不安を感じることがないでしょう。ただし、あまりにも新しく来た上司に詳しく話をされると何でこいつはこんなに詳しいんだと思われてしまいます。そのため、以前の上司に聞きました等の言葉を付け加えて話をされた方が良いでしょう。


 最後に、今回来た上司がもしかしたら貴方に合わない上司である可能性もございます。その時に以前の上司が良かったなと思うことは失礼に値します。先にも述べましたが新しく来られた上司は何としてもこの部署を良くしようと努力をしています。そのため以前の上司が良かった思わずに、自分自身がこの方に付いて行けてないからもう少し頑張ろうと思わなければいけません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する