1. 英語のプレゼンを準備する時に気をつけるべき3つのこと

英語のプレゼンを準備する時に気をつけるべき3つのこと


 英語でのプレゼンをする機会に恵まれた。自分にとっても良いチャンスなので、気合いが入ってしまいますよね。でも、やっぱり想像すると少し緊張してしまいます。日本語でプレゼンをやったことがあれば、日本語と少し違う風にするべきなのか、迷ってしまいますし、プレゼン自体をやったことがなければ、どこから手を付ければいいのか分からないかもしれません。今日は英語のプレゼンを準備する段階で、気をつけるべきこと3つをお伝えします。

1. アウトライン

 英語と日本語のプレゼンの決定的な違いは、その全体的な見せ方でしょう。英語では、エッセイにしてもスピーチにしても、最初に何が言いたいかを述べておく必要があります。このスピーチ(または論文)は結局、最後にはどういうスタンスでどういう結論に達しているのかを、イントロダクション(導入部)で述べます。そして、それの理由や理論漬けを2〜3個述べ、最後にまとめでもう一度おさらいして、結論をもう一度述べる。というような流れです。

 言わば、本の目次のような感じで、最初に聞いている人に、何を話していくのかガイドしてあげるつもりで言っておくのです。そうすれば、聞いているほうも何となく、何が次に来るのか分かっているので、頭が整理しやすいです。英語はそういう意味では非常にドライで単純ですから、日本語の時のように説明しながら結論を誘うようでは、論理や説得に欠けると思われてしまうかもしれません。明確なアウトラインを作っておきましょう。

2.  英語のままに書く

 本語でのプレゼンをやったことがある人に気をつけてほしいのが、言うことを日本語から英語に直接訳する方法は、避けた方がいいということです。日本語には独特の言い回しがあります。「よろしくお願いします」や「お世話になります」はその典型的な例ですが、ビジネスの世界でも同じことが言えます。日本語でまずプレゼンを準備して、それを一文ずつ英語に訳すと、どうしても日本語のニュアンスで伝えたくなってしまうのです。

 まずプレゼンを始める時に、「それでは始めさせていただきます」「このグラフはXXを示しております」など、英語では普通は言わないようなフレーズと共に、日本語特有の謙遜のニュアンスをつけたいが為に、「Please let me begin the speech for you」など、とても不自然な英語の表現になってしまいます。それよりは、「Good afternoon, everyone」など普通の挨拶で始めて、そこからもうプレゼンへ突入して良いのです。グラフも、何を示しているかなど見せれば一目瞭然なので、英語ではわざわざ言ったりしません。そのグラフの中の何が重要なのかポイントを述べるだけです。英語のプレゼンは、あくまで最初から英語で準備をしたほうが、無難と言えそうです。

3. シンプル

 英語という言語は、なるべくシンプルに書いた方が良い、とされています。日本語の文章は、いくらでも長くだらだら書けるおもしろい言語です。しかし、英語で文章を書くときは、端的に、短く、シンプルに。それが鉄則です。英語のプレゼンを英語で準備していても、脳が日本語のままだと、やはり日本語のノリで書いてしまうこともあります。

 例えば、「地域との企業のニーズをより近づけ、相互協力し合ってひとつの地域社会を作ることの重要性の理解が求められている」という文を日本語で聞くと、なるほどなと思ってしまいますが、これを英語で一文で書こうとするのは、まず不可能です。同じように、日本語から英語に訳そうとしていなくても、発想自体が日本語で慣れている人の場合、「こういう風に言いたい」というものが頭の中に渦巻いていて、英語でそのまま出てくる場合があるのです。しかし、これは日本で暮らす日本人としては、自然なこと。ですので、英語のプレゼンを準備しているときは、なるべくシンプルに、を絶対に覚えておいてください。


 英語のプレゼンを作るときは、多少日本語とは勝手が違うかもしれませんが、このようなコツを覚えておけば、大丈夫です。プレゼンで一番必要なのは、「これを伝えたい」という情熱です。それさえあれば、多少英語の文法がおかしかろうが、発音が完璧でなかろうが、分かってくれるはずです。なので、準備を万端にした後は、リラックスして自分でもエンジョイするつもりで楽しんでみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する