1. 【営業マンのビジネスマナー】不在着信時の電話のかけ直し方

【営業マンのビジネスマナー】不在着信時の電話のかけ直し方


 営業マンは、商談中に他の顧客から電話がかかってくる、という場合が多くあります。新人営業マンの皆さんは、商談後、不在着信があった場合のかけ直し方のマナーを知っていますか?今回は、新人営業マン向け・不在着信時の電話のかけ直し方のマナーをお伝えしていきたいと思います。

不在着信時の電話のかけ直し方

 営業マンが商談中などで電話に出られず、不在着信を確認してからかけ直すまでのマナーは以下の通りです。

かけなおす前にまず伝言を確認する

 顧客はあなたに電話を掛けた際、伝言で要件を残してくれている場合もあります。相手に同じことを二度言わせてしまわないためにも、まずは伝言を確認しましょう。

かけ直す際の注意点

・相手が企業の場合
 相手が企業などでかけてきた相手がはっきりしない場合は、「お忙しいところ恐れ入ります。私、○○社営業担当の○○と申します。先ほど/○時頃 お電話をいただいたのですが。」と伝えましょう。 担当者がはっきりしている場合は、 「○○様からお電話を頂き、折り返しご連絡いたしました。」 と伝え、取り次いでもらいましょう。

・相手が個人の場合
 相手が個人の場合は、折り返しの電話をかけ、 「お忙しいところ恐れ入ります。私、○○社営業担当の○○と申します。先ほど/○時頃お電話をいただいたのですが、不在にしており/電話に出られず申し訳ございませんでした。」 とお詫びを伝えましょう。

かけ直したが相手が不在だった場合

 かけ直したが相手が不在だった場合は、

・企業の場合
 「お戻りは何時頃のご予定でしょうか?改めてこちらからご連絡を差し上げます。ありがとうございました。」と、再度電話をしても良い時間を聞きましょう。

・会社からかけ直すと言われた場合
 「ありがとうございます。大変お手数ですが、よろしくお願い致します。」 とお礼を伝えましょう。

まとめ

 営業マンは顧客と電話で連絡をとることが多くありますよね。そのため、電話のマナーはきちんとしておかなければなりません。営業マンが商談中などで電話に出られず、不在着信の電話を掛けなおす際は、必ず電話に出られなかったお詫びを伝えましょう。

 また、かけ直す際は相手の時間帯などにも気を配り、相手の忙しい時間帯がわかっている場合はその時間帯は避けましょう。しかし、急用な場合もありますので、不在着信に気付いたらできるだけ早く折り返しの電話をすることが一番大切です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する