1. なかなか営業の成績が上がらないときに試してみたい思考法

なかなか営業の成績が上がらないときに試してみたい思考法


 営業の成績は会社の利益に直結するものなので、その分営業マンへの負担も大きいと思います。ですので、なんとしても営業の成績を上げたいと思っている人は多いでしょう。そこで、今回は営業成績が上がらないときに試してみたい思考法を紹介します。

目的は「売る」ではなく「取引する」

 営業の目的は商品を売ることだ、という人が大半だと思います。しかし、顧客のことを考えてみてください。もっと商品が売れるようにするには、相手にとっての認識も変えていく必要があるのです。そこで、売るではなく取引することが目標だと思考を変えてみてください。取引することが目的になれば、「取引していただいてありがとうございます」という顧客にとって喜ばしい言葉が生まれます。「買っていただいてありがとうございます」よりはよっぽど印象が良いと思いませんか?

すぐに否定しない

 否定してはいけないのは、顧客が自社の商品に興味がある、というものです。断られたら否定せざるを得ないと思うかもしれませんが、断られるときの文句として自社の商品を否定されることは滅多にないと思います。資金が足りなかったり、似たような別の商品を既に持っている、というような断り方が多いのではないでしょうか。そう考えると、完全に断られるまでは諦めない、という力が生まれるはずです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する