1. 【自分に対する印象を良くする!】転勤が決まり、周囲の人々へ挨拶する際のマナー

【自分に対する印象を良くする!】転勤が決まり、周囲の人々へ挨拶する際のマナー


 仕事をされていれば会社によってはある一定の周期で社員を成長させる名目で転勤をさせると思います。転勤自体はあることですので問題ないとは思いますが、問題となってくるのが今までお世話になっていた所属していた人々に対して挨拶をしなければならないことです。ビジネスマナーとして転勤の際の挨拶によっては所属していた人々から不平不満を言われてしまう恐れがございますので注意が必要となってきます。それでは、転勤する際に企業に対してどのようにすれば良い挨拶のマナーとなるのか。

転勤が決まったらすぐにでも挨拶に行く

 転勤が通告されるほとんどが転勤する日から遡って1ヶ月から2ヶ月前かと思います。会社も転勤先の物件を見つけたり引越し準備もあるかと考えて余裕を持たせるためにこのような期間をとっております。そこまで余裕を与えられましたら通告された当日からでも良いのでなるべく早く挨拶に行くようにしましょう。一番失礼なマナーは1週間前等、直前になって急に自身が転勤なりましたと言ってくることです。するとどうなるかと申し上げますと現場が混乱します。転勤になる社員が担当していた地域のお客様は今度誰が担当しなければならないのか、お客様にいつ頃挨拶に行けばよいのかと言うスケジュールの組み直し等様々なことを決めなければなりません。

 そのため直前になって話をしてしまうと現場の混乱を招きかねません。ですので転勤が決まりましたら必ず全体に報告するようにしておきましょう。これはマナー以前の問題で常識的なことです。

お客様の特徴を教えておく

 マナーの一環としてすぐに挨拶に行くと言ったことをお話ししましたが、もう1つ企業の人々を喜ばせることとして今後担当される方にお客様の特徴を教えることです。今度担当される方にとって貴方が担当されてきたエリアは未知の領域です。

 そこでこのお客様は話好き、そしてこのお客様は厳しいけど対応をしっかりしていれば何でも購入してもらえる等説明しておきましょう。例えばの話しですが、皆様が宝の地図だと渡された物に何の印も書かれていない地図とある程度の説明が書かれている地図であればどちらを選択しますか。多くの方がある程度書かれた宝の地図を選択すると思います。それとほぼ同じですので、特徴を必ず伝えるようにしておきましょう。

 また、お客様先に紹介する時にも今度担当される方の性格を説明しておくのも良いでしょう。この方はあまりお話しはされませんが知識や対応は他の誰にも負けませんと長所だけでなく必ず短所も説明をしておくとお客様もこう言う人なんだと納得していただけます。

 最後になりますが、皆様は転勤されてしまうと今まで担当されていたエリアを放棄しなければなりません。そのため後腐れが無いように今後担当される方と綿密な計画を立ててお客様先を回り、良好な関係を築かせるようにしましょう。そうすれば気持ちよく新たな地で気持ちよく働けると思います。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する