1. ビジネスマンがスーツを着る上で最低限守りたい「肌着」のマナー

ビジネスマンがスーツを着る上で最低限守りたい「肌着」のマナー


 みなさんはスーツを着用される際には必ず肌着を着用し、そしてワイシャツを着用してからスーツを着るかと思います。意外と無頓着に成りやすいのがその肌着の部分です。私も数多くのお客様や部下を見てきましたが、ワイシャツやスーツはびしっと決まっていても肌着が少し見えただけで非常に残念に思うことがあります。ビジネスマンであれば肌着の選択もマナーの一つですので、肌着のマナーを紹介したいと思います。

色の付いていない肌着を選択する

 色の付いていない肌着を選択するのはマナー以前の問題で、着用して当然と思われがちですが意外と厳守していない方が目立ちます。見えないからといって例えば黒の肌着でしたり時には黄色の肌着を着用していた方までいらっしゃいました。冬場であればスーツでごまかせるとは思いますが、夏場ですとそうも言っていられません。汗で中まで透けてしまったりしたら非常に恥ずかしい格好になってしまいます。また冬場だからと言って気を抜いていると例えば少し光が強く当たっただけでワイシャツが透けてしまったり、時にはネクタイが少し緩んだ所から見られてしまうことがあります。

 そんなことは無いと考えている方も多いと思いますが、特に冬場は一瞬の気の緩みでワイシャツの隙間から見えてしまったり透けて見えてしまったりすることがございます。そのため必ず色の付いていない肌着を多くとも7着ぐらいは用意しておくと何かあったときでも問題はないでしょう。

タンクトップのような肌着を着用しない

 よく中年のビジネスマンに多く目立つのがタンクトップのような肌着を着用している方々です。先ほど無地だから問題ないのではと感じる方がいらっしゃると思いますが、私はタンクトップのような肌着をお勧めはしません。と言うのも見た目があまりよろしくないからです。例えば夏場に貴方が街を歩いていて前から中年のサラリーマンが歩いてきました。暑いのか、スーツを脱いでワイシャツ姿でこちらに向かって来ましたがそのワイシャツから見えているのはタンクトップの肌着です。皆様でしたらこの時どのような印象をもたれますか。私であればなんてだらしの無いビジネスマンだと思います。サイズが合っていないのかは存じ上げませんが、よれてしまっており肌着として機能していないものまで見たことがあります。

 そのようなことに無いように必ずティーシャツ型の肌着を購入するようにしましょう。その形のシャツであれば汗も十分吸い取っていただけますし、また見てくれも悪くございません。そのためもし皆様の中でタンクトップのような肌着を着用しているのであれば止めておきましょう。

 最後になりますが、ビジネスマンである以上肌着であっても気の緩みは許されません。それによってはこの人はだらしの無い人なんだなと印象を付けてしまったり、この人で本当に大丈夫なのかと言ったような印象を付けてしまう恐れがございます。そのため肌着も気を抜かず真っ当なものを着用するようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する