1. 営業を引き継いだときの挨拶メールで意識しておきたい2つのこと

営業を引き継いだときの挨拶メールで意識しておきたい2つのこと



 引き継ぎの挨拶メールは失礼のないようしっかりと送っておく必要があります。特に営業の引き継ぎでは人物に惹かれて商品を購入した取引先である可能性もあるので特に注意が必要です。では、どのような点を意識しておけばよいのでしょうか。

経緯を簡単に説明する

 引き継ぐことになった理由を序文で簡単に説明しておきましょう。例えば、「○月○日付けをもちまして本社転勤を命ぜられました。」などです。いきなり変わりました、だと相手の失礼にあたります。

お礼と努力表明も忘れずに

 これまでの協力に関してお礼を書くことは決して忘れないようにしておきましょう。個人的メールではなくあくまでビジネスメールなので、主観で書いてはいけません。それに加え、尽力させていただきます、などの努力表明があると印象としてはさらに良いです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する