1. 営業の電話がかかってきたときの上手な断り方とは

営業の電話がかかってきたときの上手な断り方とは


 営業を断るときというのは状況にもよりますが、どうしても神経を削ってしまうものです。しかし、上手に断ることができれば時間も短縮できるしいちいち気を取られる必要もなくなります。では、営業の電話に対する上手な断り方とは一体どのようなものなのでしょうか。

担当者が不在と伝える

 権限を持った担当者がいないことを素早く伝えれば相手の営業マンもどうすることもできなくなるので一旦は退いてくれます。その後またかかってくる可能性は残りますが、一時しのぎをしたいときには非常に有効です。

質問には軽々しく応えない

 よくある質問が、「今どのようなものをお使いですか?」というものです。それよりも良い商品があるよ、と言いたいわけですね。そういった戦略にはまらないためにも、軽々しく質問に答えないようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する