1. 忙しい上司にも上手く現状や進捗を報告する方法

忙しい上司にも上手く現状や進捗を報告する方法


 仕事をしていく上で、現状や進捗状況を上司に報告することは必須でしょう。ですが、忙しい上司も中にはいて、いつ報告をすれば良いか分からないという人も多いのではないでしょうか。

 ここでは、忙しい上司にも上手く現状や進捗を報告する方法を紹介していきたいと思います。

付箋を活用して用事があることを伝える

 上司が忙しそうにしていて、報告しづらいなと思った時は付箋を活用して用事があることを伝えると良いでしょう。例えば、付箋に「時間がある時に声をお掛け下さい」と書いて、上司のデスクに貼っておくのは効果的です。

 どんな状況であれ、仕事の状況や進捗は報告しなければなりません。もし、忙しそうにしているならばその場で伝えようとするのではなく、付箋を使ってまずは用事があるということを伝えてみると良いかもしれません。

「今、よろしいですか?」と切り出してみる

 いきなり上司に報告をしようとするのではなく、まずは「今、よろしいですか?」と切り出してみると良いでしょう。そこで、「ごめん、今はダメ」と言われたら上司の手が空いている時間を聞き出しましょう。そうすれば、きちんと報告できる機会を設けることができます。

 大切なのは、報告する姿勢があるのを見せることです。こちらが変に気を遣って報告を後回しにするのはよくありません。


 以上、忙しい上司にも上手く現状や進捗を報告する方法を紹介してきました。ここで紹介したことを意識して、忙しそうにしている上司にも上手く報告できるようになりましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する